決算説明会のコスト削減|遠くに居ながら目の前でMTG|電話会議irが繋げる会話

遠くに居ながら目の前でMTG|電話会議irが繋げる会話

決算説明会のコスト削減

パソコンと男性

どこからでも参加可能

毎年決算期になると多数の企業が、ほぼ同時期に決算説明会を開催します。企業にとっては会場を確保し、大量の資料を印刷し、適切な人員を配置するなど、説明会のために多大な準備が必要になります。このような時間と経費を節約するため、電話会議irに移行する企業が増加しています。電話会議irは会場で行なう説明会と同様に、参加者が自由に質疑応答することができます。電話さえあれば世界中どこからでも参加でき、海外向けに通訳をつけることも可能です。また説明会の様子をWEB配信し、参加できなかった投資家に公開するといった使い方もできます。会場設営や移動の手間がなく、それだけ説明会の内容を充実させられるという特徴があります。

投資家へのメリットも

投資家にとっても電話会議irはメリットの大きいシステムです。全国各地で開かれる決算説明会には、移動するだけでも時間がかかる上に、開催日が重なると一方にしか参加できません。電話会議irであれば自宅やオフィスから参加でき、特にプロの機関投資家にとっては負担が軽くなります。もちろん初心者の個人投資家にとっても、説明会参加へのハードルが低くなり、企業を身近に感じられる機会になります。NISAのスタートとともに個人投資家の重要性は高まりつつあり、いっそう正確かつ公平な情報開示が求められています。電話会議irはこうしたニーズに応える方法として、決算説明会以外の緊急説明会や海外向け説明会などにも利用されています。